1. HOME
  2. episode15
  3. スターゲイザー[11]

episode15:スターゲイザー[11]

  1. 孝弘〈年内いっぱいでI.P.P.A.仮入組は終了、なんて話を圭太さんとしてたりするけれど〉孝弘「MicroSD、わざと俺に気づかせたよな?」康文「…仕事終わりにしたい話って、それ?」孝弘「無事、思い通りになったんだ。答え合わせさせてくれてもいいだろう?」
  2. 孝弘「足音を忍ばせたわけじゃないし、手前で名前を呼びもしたのに、プライバシーを気にしていた割に無防備すぎだし、いつもきっちり閉めてるドアを開けっ放しにして、普段と違う様子を演出して、夜なら部屋の明かりで階下からでも更に気付き易い」康文「………」孝弘「わざとと言えばあれもだ、なんちゃら先生のとこに行ってた日、午後約束が〜とか言ってたやつ。あの日おまえ、女とは会ってないだろ」
  3. 孝弘「ずっと違和感があったんだ。帰ってきた時『違和感がなかった』ことに。山の中歩き回った後そのままの、土と汗の匂いがした。俺たちがMicroSDの中身を聴いてると予想してたんだ。わざとケータイをあの女の家の近所に一時的に放置して、回収した。相手の女を俺たちに特定させるために。…でも、わかんないんだよな」
  4. 孝弘「だって、あんなことに巻き込まれてると圭太さんに知れたら、強制的にI.P.P.A.を辞めさせられかねない。そもそもいち政治家はあんなことで揺らがない。うやむやにする手立てのひとつやふたつ、あるだろうし」康文「……」孝弘「……なあ。本当はあの女とのこと、どうにかしたくて困ってたんじゃないか?困ってて、圭太さんに助けを求めたかった。違うか?」
  5. 康文「…だったらどうだと?」孝弘「…そうだな。そしたらさらに大きな疑問が出てくる。お父さんのこと大好きなくせに、なぜあんな、お父さんを傷つけるような手段を使ったのか」「そろそろ3か月か。家住ませてもらって、仕事も一緒で。だからわかる」「おまえは言葉はキツイけど、他人を傷つけるようなことはしない。だからあれには何か理由がある」康文「………」
  6. 康文「…まあいいか。孝弘さん、どうせ年内でいなくなるし」「これから言うこと、父さんには黙っていてくれます?まあ話せないと思いますけどね」孝弘「?」康文「実は1年以上も前からなんです、あの女とは」孝弘「…は?」康文「きっかけは言った通りです。最初は不本意でしたけど、自分の判断で割り切って関係を継続したんです」孝弘「割り切ってんじゃねーよ…」康文「父さん以外の本部の人間とコネクションを持ちたかったし、I.P.P.A.内の政治の話も興味深かったし」孝弘「(政治て…)」康文「でも謎だったんですよね。なんでまた中学生なんかを相手にするかなって」
  7. 康文「ショタコン?っていうの?そういう性癖だってことで納得してたんですけど」孝弘「………」康文「でもつい先日、知っちゃったんですよねえ…」女※回想「その顔、やっぱり親子ね。お父さんとシてるんじゃないかって、ドキドキしちゃう」康文「僕はDNA半分同じの代替品ってとこだったんでしょう。僕を通して父さんを見てたんだ。それを知った途端、気持ち悪くなっちゃって」孝弘「………」
  8. 康文「こんな話、聞かせたくない。そもそも既に1年も関係続けてて、今更だし。父さんから僕との関係を咎められれば、あの女、今後一切、僕にも父さんにも近づけないでしょ」孝弘「……なんだそれ」「(さすがというか何というか。だいぶ大人びてるとは思ってたけど、ここまでとは…)」康文「これを計画した時点で、I.P.P.A.を続けるのは諦めました。ひとまず進学することを条件に、週末に兼平先生のとこに通う許可をもらう算段で」
  9. 圭太※回想「高校に進むなら所長への就任を承認しよう」康文「だからあれは、本当に想定外でした」孝弘〈情熱は時に人を動かす。直接話を聞かずとも、圭太さんはわかっていたはずだ〉「なあ。なんでそうまでしてI.P.P.A.で仕事を続けたいんだ?理由、そろそろ教えてくれてもいいだろう?」康文「……そうですね」

マシュマロ設置してみました。感想・メッセージ等、気軽にどうぞ。返信はTwitterにて。https://marshmallow-qa.com/comic_ippa

10/26未明、7枚目〜9枚目をアップしました。ちょっと中途半端ですが、[11]はこれで終了です。のんびり更新にお付き合いいただき、ありがとうございました。
康文のお相手の女については、本当の気持ち悪さをまだバラしてなかったので、コメントをぐっと堪えていたのですが、ま〜悪趣味なひとですよね。
話に入れられなかったのでネタバラシをすると、妻不在状態の圭太さんにずっとアプローチしていたけど靡いてくれず、その息子に付け込んで手を出したってところです。いくらなんでも、なかなかその思考には至らないのではないかと思います。康文はオブラートに包んで言ってますが、まあまあなヘンタイではないでしょうか。
フィクションなので登場させてみたけど、本当にこういうひといるのかなあ…。

10/18、4枚目〜6枚目をアップしました。1週間で3枚て、夜のシーンだからとはいえ、ペース遅すぎだろう自分…。
孝弘さん、めっちゃ喋ってますね。山口家の様子を存分に観察した末の推理ショーです。[11]は残り3枚ですが、ここからは康文からの種明かし編です。どうぞご期待ください(???)

10/12、[11]の更新を始めました。未明に3枚目までアップしました。またゆるゆる更新していきます。よろしくお願いします。
前回[10]をアップした後に、最後のページに少々手を加えました。ちらっと覗くと話が繋がります。

ページ上部へ戻る